美容とダイエットについてひたすらまとめるブログ

Webライター・カナリヤ響子が美容とダイエットについて、役立つ情報をひたすらまとめるブログ。美活な日常も書きます。

朝をフルーツのみにすればダイエットも成功して健康に?その理由をまとめてみました。

f:id:kyokocanarysan:20180608145555j:plain

私の朝食は、フルーツのみです。
その生活が始まってかれこれ1年になろうとしています。

朝食にフルーツだけを食べる生活をしてから体重が落ちました。
もちろん他の食事法の効果もあってのことです。

朝食にフルーツのみの生活をしてから、体もなんとなく元気になりました。

有名なのが朝バナナダイエットですね。
効果があるという声が多かったような気がします。

朝食にフルーツのみを食べる効果と似ているところがあるので、試したことはないですが頷けます。

さて、朝にフルーツだけを食べると痩せるのはなぜか?
ここで、いろんなサイトを参考にしながらまとめていきたいと思います。

 

 

糖質は高くても消化が早いフルーツのみが正解

 

f:id:kyokocanarysan:20180608145637j:plain

朝食をフルーツのみにすると、痩せると実感しました。
それだけではなく、午後からも元気に過ごせることも実感しました。

フルーツは糖分が多いのでダイエッターに敬遠されることが多かったですね。
でも、フルーツって消化が早いのです。

だから、私が行ってきた食べ合わせダイエット的に言うと効果的な食べ物なのです。

果物は、口に入ってから約30分で腸まで達することができ、栄養が短時間で吸収・利用されるので、消化に使うエネルギーを節約できる。

引用元:https://style.nikkei.com/article/DGXMZO15828320X20C17A4000000?channel=DF130120166069

ダイエットにとって大事なのは代謝よりも消化。

消化のエネルギーをなるべく節約することで、代謝にエネルギーを回せるようになります。
もちろん、体質によって個人差があることでしょう。

しかし、少なくとも私はその方法で減量できました。

 

朝のフルーツのみで痩せる理由は?

f:id:kyokocanarysan:20180608150037j:plain

 

フルーツは消化が早いから、ダイエットに最適。
しかし、そんなフルーツを朝に食べるべき理由は?

それを、順に説明していきます。

アメリカで始まった自然健康法の教えでは、午前4時から正午までは排泄の時間だと言われています。
人間の体の機能のサイクルの観点で考えた時に、排泄の時間なのですね。

ナチュラルハイジーン(アメリカで始まり世界的に普及した自然健康法)の教えでは、三つの時間帯にわけています。

・午前4時から正午まで(排泄の時間)

・正午から午後8時まで(栄養補給と消化の時間)

・午後8時から午前4時まで(吸収代謝の時間)

引用元:http://www.j-medix.com/blog/handmadejuice/785.html

つまり、理想としては午前4時から正午までは何も食べないことなのです。
排泄に集中させてあげた方がいいのですね。

でも、朝食を食べないとやっぱり元気が出ません。
だからこそ!消化が早いフルーツのみを食べるのがおすすめなのです!

消化に使うエネルギーを節約することで、排泄にもしっかりエネルギーを回してあげることができます。

便秘の人は特に、朝はフルーツのみにした方がいいかもしれません。
逆に朝からエネルギーチャージをするために、ガッツリ系のものを食べてしまうと、大変です。

消化吸収にかなりのエネルギーを使い、排泄どころか代謝にもエネルギーが行かずに体がくたびれてしまいます。
中には、眠くなってしまう人もいるでしょう。 

からしっかり食べては昨日の老廃物を排泄しようとしている妨げになり、不要物が排泄しきれずに体に残ってしまいます。

 そうなると、むくみや冷えが起きたり、基礎代謝量が下がったりしてしまいます。

引用元:https://shop.slow-village.jp/kouso-life-labo/%E6%9C%AA%E5%88%86%E9%A1%9E/%E5%8D%88%E5%89%8D%E4%B8%AD%E3%81%AF%E6%8E%92%E6%B3%84%E3%81%AE%E6%99%82%E9%96%93/

むくみや冷えなどが気になる人は、朝食をフルーツに変えてみてください。

フルーツがダメなら、生野菜でもいいかもしれません。

私は、うっかりフルーツを買うのを忘れた日は、生野菜を食べることにしています。

フルーツと生野菜の消化時間は、次の通りです。

果物は約40分、野菜は約2時間、ご飯などの炭水化物は約8時間、お肉は約12〜24時間かかります。

引用元:https://www.bibeaute.com/article/18030

朝はフルーツのみにしなければ効果がない理由

f:id:kyokocanarysan:20180608150628j:plain

 

フルーツは空腹時に食べるのが、ベストです。

他のものと一緒に食べると、結局、消化吸収にエネルギーを使うことになります。

果物が食事中や食後に摂取されると、消化・吸収がスムーズにいかずお腹の中で発酵してしまい、体に悪影響を及ぼすというのです。

引用元:http://macrobiotic-daisuki.jp/fruit-otosiana-51755.html

それは、私もやってみて実感しました。

飲み物にも、注意しましょう。
水や白湯がベストです。

理想的なのはフルーツだけです。水分もフルーツで取るのですね。

消化吸収がうまくいかないことで、代謝にエネルギーがいきにくくなり代謝が下がります。
それでなくても、年齢を重ねて代謝が下がると、痩せにくくなるのです。

代謝が下がることで古い細胞が残るようになり、脂肪燃焼力が低下するからです。

新陳代謝のサイクルが遅くなると、古い細胞が増えてきます。古い細胞には、脂肪を十分に燃やす力がありません。ですから同じ運動をしたとしても、脂肪の燃焼効率が低いため、ダイエットの効果が出にくくなるのです。

引用元:https://club.panasonic.jp/diet/kiso/antiaging/index.html

スポンサーリンク

 



朝のフルーツのみの組み合わせ方のポイント

 

f:id:kyokocanarysan:20180608150403j:plain

朝のフルーツの組み合わせ方にはいくつかのポイントがあります。

実際に、私がやっている方法の中でポイントをご紹介します。

 

柑橘系と他の果物を合わせない

柑橘系と他の果物を合わせてしまうと、これもまた消化吸収にエネルギーを使ってしまうことになります。

例えば、オレンジとバナナ、グレープフルーツとりんごというような組み合わせですね。

この場合、柑橘系のみで組み合わせるか、柑橘系以外のみで組み合わせるかのどちらかがベストです。

例えば、バナナとリンゴ、オレンジとグレープフルーツというような組み合わせですね。

面倒なら1種類のフルーツを食べる

柑橘系とか柑橘系ではないとかそういうのを気にしたくない人は、1種類のフルーツを食べることをおすすめします。

実は、私もそれをやってます。

組み合わせを考えるのが面倒なので、、、バナナの日、オレンジの日、グレープフルーツの日などを決めています。

ポイントは今のところ、この二つです。
ご参考にしていただけると、嬉しいです。

まとめ

朝食をフルーツだけにするのは結構、最初は大変かもしれません。

特にがっつり朝から食べていた人はフルーツだけでは物足りないことでしょう。
しかし、慣れてくるとフルーツだけの方が元気に過ごせるので、体がフルーツを求めるようになります。

何よりも胃腸が楽ですね。
胃腸がスーッとしてくるのが、わかる瞬間があります。

よかったら、一度やってみてください。

私も改めてここで記事をまとめてみて、勉強になったことがありました。

ご参考にしていただけると嬉しいです。

 

スポンサーリンク