美容とダイエットについてひたすらまとめるブログ

Webライター・カナリヤ響子が美容とダイエットについて、役立つ情報をひたすらまとめるブログ。美活な日常も書きます。

野菜だけじゃない!朝のフルーツに含まれるファイトケミカルの効果をまとめてみた。

f:id:kyokocanarysan:20180614113449j:plain

 

 朝はフルーツのみを食べるようにしていますという話は、ここでしました。

www.xn--o9j0bk1lua6lxa4b2227e34rd.site

 
フルーツは消化が良いので、消化吸収にあまりエネルギーを使いません。

アメリカのナチュラルハイジーンという考え方によると、朝は排泄の時間にあたります。

排泄をスムーズにすることはダイエットにおいても健康においても重要です。

朝の消化吸収のエネルギーを節約することで排泄にエネルギーを回すことができます。

というのが、朝をフルーツのみにするメリットだというお話をしました。

今日はそれに加えて、フルーツや野菜に含まれるファイトケミカルも、ダイエットに役立ちますよという話をまとめていきます。

 

 

ファイトケミカルとは?

f:id:kyokocanarysan:20180614113505j:plain

ファイトケミカルは、高い抗酸化作用を持つ第7の栄養素とも言われる注目成分です。

フルーツを始め、野菜にも含まれており、植物が生きていく上で外的要因の刺激や有害から自らを守るために作り出された成分です。

 

ファイトケミカル(phytochemical)とは、植物が紫外線や昆虫など、植物にとって有害なものから体を守るために作りだされた色素や香り、辛味、ネバネバなどの成分のことです。

引用元:https://www.tyojyu.or.jp/net/kenkou-tyoju/eiyouso/phytochemical.html



東北大学未来科学技術共同研究センターの宮澤陽夫教授によると、細胞レベルでの抗酸化作用が期待でき、アンチエイジング生活習慣病の予防、ダイエットなどに役立ちます。


野菜や果物のほかに豆類や海藻、お茶などにも含まれ、細胞の酸化を防ぎ、老化を予防し、血管を健康に保つなど健康に役立つ。スムージーはこれらの栄養を手軽に摂取できる

引用元:https://style.nikkei.com/article/DGXMZO15828320X20C17A4000000?channel=DF130120166069



食生活の上で大事なのは、一般的に五大栄養素だと言われていますね。

五大栄養素とは、私たちが生きていく上で不可欠な五つの栄養素のことです。

五つの栄養素は、タンパク質、脂質、ビタミン、炭水化物、無機質だと書かれていました。

この五つの栄養素は、私たちの体を正常に機能させるためにそれぞれ役割を持って働いています。


たんぱく質、脂質、炭水化物はからだを動かし、体温を保つためのエネルギーになります。また、たんぱく質や無機質、脂質は筋肉や骨格などからだの組織をつくります。さらに無機質、ビタミンはからだの調子をととのえます。
引用元:http://www.chantotaberu.jp/jikan/01/yomimono.html



最近は、食物繊維が加わった六大栄養素も注目されています。

まさに排泄をスムーズにするためには食物繊維が不可欠ですが、現代人の食生活では食物繊維の摂取が少ないように見受けられます。

食物繊維は、フルーツや野菜、海藻などに多く含まれていますね。

これらの食品を食生活に取り入れるためには、食べやすい大きさに刻んだりなど、少しの手を加えなければ行けません。

手を加えたくなければ、食べやすい状態になっているものをコンビニなどで購入する必要があります。

しかし、加工品と比較すると、特にフルーツや野菜などの食べやすい状態にされた商品は、価格が高めです。

また、すぐに食べられないものが多いです。

だからついつい、食べやすいパンやおにぎりだけで食事を済ませてしまう現代人が多いのかもしれません。

食物繊維をうまく加工してドリンクにしたりなどの商品がありますが、やはりフルーツをそのまま食べる方が、体にスムーズに吸収されることを私自身は実感しました。

そして食物繊維の次に注目されている七つの栄養素が、フルーツや野菜に含まれているファイトケミカルなのですね。

七つの栄養素の重要性に関する素敵な記事は、これです。

kininal.me

 



朝のフルーツに含まれるファイトケミカルの効果とは?

f:id:kyokocanarysan:20180614113533j:plain


朝のフルーツに含まれるファイトケミカルの効果は、主に三つあります。

これもネットで色々調べてみました。

いろんな説がありましたが、まとめると、この三つが主な効果になります。



・抗酸化作用

どこのサイトでもファイトケミカルの抗酸化作用は高く評価されています。

アンチエイジングにとって抗酸化作用が不可欠で、特に女性の場合はシミ予防で、抗酸化作用がよく取り上げられていますね。

年齢を重ねるごとに体内に活性酸素がたまりやすくなるので、それを除去してくれる抗酸化作用がとても大事になります。


フルーツや野菜にはビタミンやミネラルがたっぷり含まれていますね。

ビタミンやミネラルにも、抗酸化成分が含まれています。

ファイトケミカルには抗酸化成分が含まれています。

ビタミンやミネラル、ファイトケミカルに含まれている抗酸化成分にはいくつかの種類があります。

それはまた追記で書きます。

何よりも、ファイトケミカルは、ビタミンやミネラルと共に力を合わせて活性酸素を吸収して除去する点がすごいのです。

 

野菜や果物にはビタミンやミネラルといった活性酸素吸収力を持つものもありますが、ファイトケミカルはこれらと協力し、優れた活性酸素吸収力を発揮します。

引用元:http://macrobiotic-daisuki.jp/kasseisanso-65524.html



スポンサーリンク

 

 朝をフルーツのみにするだけで、抗酸化作用により痩せやすい体質になるだけではなく、肌も変わります。

例えば、活性酸素を除去する効果を持つサプリメントもあるようですが、サプリメントは製造方法などで効果が左右されます。

コンビニなどで販売されている加工品と同じで、食物繊維やビタミン、ミネラル、ファイトケミカルをしっかり摂りたいなら、フルーツや野菜をそのまま食べるのがベストなのです。

 

活性酸素サプリメントなど飲んで減らすこともできますが、野菜や果物じゃないと除去できない活性酸素もあります。
引用元:https://josei-bigaku.jp/fightbiyou8167/



それは、私自身の経験からも強く思うことです。


血液サラサラ効果

ファイトケミカルには、血液をサラサラにする効果もあります。

血液をサラサラにすることは、生活習慣病の予防でも注目されていますね。

年齢を重ねるごとに、血中の悪玉コレステロールが増えると、血液はドロドロになり、動脈硬化を始めとした高血圧や糖尿病、心疾患などのリスクが高まります。

ドロドロの血液を浄化してくれるのがファイトケミカルで、医療の現場でも活用されているそうです。

 

善玉コレステロールが悪玉コレステロールに変わるのを防ぐ作用もあり、高脂血症動脈硬化予防として代替医療の現場で用いられています。
引用元:http://macrobiotic-daisuki.jp/faitokemikaru-83385.html



デトックス効果

ファイトケミカルには、デトックス効果もあります。

体内に溜まっている毒素を、排便などによりしっかり排出へと向けてくれます。

海外のセレブがよく行なっているファスティングやクレンズなどをしなくても、ファイトケミカルを朝のフルーツで摂取していれば、デトックスできちゃいます。

これは私もかなり実感しています。

 

しかし日頃からしっかりと野菜を食べてファイトケミカルを摂取していれば、ファスティングやクレンズなどを行わなくてもしっかりと毒素排出はできます。

引用元:https://josei-bigaku.jp/fightbiyou8167/ 

 


ファイトケミカルデトックスに着目して、少し前から流行っているのがファイトケミカルスープですね。

分かりやすく言うと、デトックス効果が高い野菜スープです。

東京の麻布にある麻布医院の高橋医院長の出版書籍がとても気になります。

 

ハーバード大学式 最強! 命の野菜スープ (TJMOOK)

ハーバード大学式 最強! 命の野菜スープ (TJMOOK)

 

 

野菜&くだものパワー! ファイトケミカルできれいにやせるレシピ

野菜&くだものパワー! ファイトケミカルできれいにやせるレシピ

 

 
私自身も、よく野菜スープを作ります。

トマトが好きなので、トマトベースの野菜スープが多いですね。

確かに野菜スープを飲むと、体がすっきりします。

ちなみに、野菜ジュースなどは搾りたてでない限り、あんまり効果はないと思います。

この辺も調べてみますが、これは美容業界の人が言ってました。

結構糖分も含まれていると思います。

加工する上で仕方ないですね。

なので、ファイトケミカルスープと言われる野菜スープは、かなりデトックス効果があります。

食物繊維とファイトケミカルを一緒に摂れるのが嬉しいですね。


フルーツのファイトケミカルの抗酸化作用がダイエットに役立つ理由

f:id:kyokocanarysan:20180614113609j:plain


フルーツに含まれるファイトケミカルには、三つの効果があることをお話ししました。

その中で、ダイエットに一番関係するのが抗酸化作用です。

抗酸化作用によって痩せやすい体質になるということは、頭の中で漠然とは繋がりましたが、もう少しピンとこないので調べてみました。

酸化を錆びると、よく表現していますね。

体のサビとかいう表現が多いです。

酸化とは、酸素と結びつくことで活性酸素が発生することで、老化の要因の一つとして取り上げられています。

老化による肥満防止には「抗酸化」「抗糖化」「ホルモン分泌量のアップ」 老化を引き起こすのは、体の中で起きる「酸化」「糖化」「ホルモンの変化」だといわれています。これらの現象は若い体にも起こっていますが、特に40代以降の体にとっては、老化に直結する大敵です。

引用元:https://www.sawai.co.jp/kenko-suishinka/illness/201003-01.html

 
特に40代以上は要注意ですね。

体の中の酸化が進むことで、太りやすくなるだけではなく、老化が進んで様々な不調が現れやすくなるのです。

 

この3つの大敵が、細胞やホルモンの機能低下を招き、老化を加速させます。 また、動脈硬化や糖尿病などの生活習慣病、がんやうつといった病気、シミ、シワ、タルミといった美容的な問題、運動能力低下の原因になります。
引用元:https://www.sawai.co.jp/kenko-suishinka/illness/201003-01.html



体内の抗酸化作用が弱まってくると活性酸素が増えていきます。 活性酸素は、細胞を錆びさせたり壊したりする働きを持っています。

また、エネルギー代謝の機能も壊すので、代謝がかなり悪くなります。

脂肪が燃焼しやすい体になるので、普通に食べていても太りやすくなるのですね。

活性酸素は体の細胞とエネルギー代謝の機能を壊すため、代謝が悪くなり、蓄積しやすい体質になってしまうのです。
引用元:https://www.alpina-water.co.jp/blog/kihon/3804.html



年齢を重ねるごとにいろんなことで、ストレスが溜まりやすくなります。

活性酸素が体内に発生する原因の一つに、ストレスがあります。

ストレスによって活性酸素が体内に増えても、ファイトケミカルやビタミン、ミネラルを普段から摂取していれば、抗酸化作用により、しっかりと活性酸素を除去できます。

それによって、太りにくい体質をキープできます。

これは、単純な食事制限では得られない効果です。

リバウンド防止のためにもすごく重要なポイントです。


まとめ


朝フルーツのみにすることで痩せやすい体質になるのは、消化のエネルギーを節約できるからだけではありません。

第七の栄養素のファイトケミカルが加わることで、相乗効果により、さらに抗酸化作用が高くなるという理由も含まれています。

今のところ、ネット上においては五大栄養素はもちろんのこと、六つ目の食物繊維まではよく取り上げられていますが、なぜか、七つ目のファイトケミカルのことはまだあまり書かれていません。

私自身の経験からも、ファイトケミカルの摂取を意識してダイエットにフルに活用していただきたいと思いました。 参考にしていただけると嬉しいです。

スポンサーリンク